債務整理で最も良い方法って?

債務整理の方法にはいくつかあり、それぞれの方法によって特徴は大きく異なります。そのため債務整理を行う際にはどの方法が良いのかということでまず悩むことになるのですが、それではどの方法が最も良いのかというと、これは人によって変わってきます。


ただ、総合的に見ると最もメリットが大きいと言える方法となるのが「任意整理」です。


任意整理は金融機関に対して直接交渉することで債務の返済条件を再検討し、返済が可能なレベルにしてもらうという方法です。
この方法は裁判所を通じないために成功しない可能性もあるのですが、しかし成功すれば自身の財産を処分する必要が無く、到底返済できないような条件で返済を続けていく必要がなくなるのです。
またほとんどの場合はこの任意整理の際に過払い金請求ができますから、その過払い金の額によっては交渉を行うだけで完済する可能性もあるのです。ただ問題となってくるのは、任意整理を行うことが不可能になっているという場合です。



例えば怪我や病気などの理由によって職業を失ってしまったという場合がこれになるでしょう。

この場合は怪我や病気が完治するまでは再就職ができず、収入が途絶えることになります。

加えて後遺症が残ってしまったのであれば、もし再就職が出来てもそれまでのような収入が無くなるリスクは十分にあります。

債務整理を是非ご利用ください。

こうした場合には「自己破産」という方法を検討する必要も出てきます。

自己破産は裁判所に申し立てをする方法ですから、裁判所が必要と判断すればまず確実に債務の減免をしてもらえます。

ただ住宅や自動車などの資産がある場合は債務整理手続き完了の際に処分することになりますから、返済が完全に不可能になり、立て直しすらできないという状況でのみ選択するようにした方が良いでしょう。

口コミで評判の朝日新聞デジタルの情報を集めました。